男性

ニーズに合わせて

自分専用の事務所を設けるには

これまで事務所を新規で利用する際は、賃貸物件などを利用すると言うケースが多くを占めていました。 しかし昨今は、起業ブームや在宅による業務請負なども増えてきており、自宅と職場が同一と言うケースも珍しくなくなりました。 しかし中には、「仕事とプライベートは分けておきたい」「不特定多数の人に配る可能性がある名刺に、自宅の住所や電話番号は載せたくない」などと言う理由で、何らかの方法を模索している事業主の声も聞くことが出来ます。 このようなニーズに応えることが出来るのが、バーチャルオフィスのサービスになります。 バーチャルオフィスでは、起業やそれに伴う事務サポートを行う様々なサービスを提供していることで知られています。

バーチャルオフィスが提供するサービスを選択する

バーチャルオフィスの代表的なサービスとして、住所や電話番号の貸し出しになります。 これらを利用することで、自宅とは別の場所に自分専用のバーチャルオフィスを作り出すことが可能となります。 また、電話転送サービスを利用することにより、より事務所としての体裁を整えることも可能となります。 電話転送サービスは、契約した電話に受電すると、あらかじめ決められている番号にそのままコールするものと、オペレーターが対応するという、二つのタイプに分けることが出来ます。 常に仕事場で作業をしている場合は通常の転送を、市場開拓などで外出が多い場合はオペレーター対応を選択するタイプを選ぶことで、ニーズに応じた利用が可能となります。